レイディアントが取り扱う「コミュニケーションデザイン」は、企業におけるマーケティングに関する「広告・PRツール」に関するものではなく、人と人との間の対話のコミュニケーション(関わり方)です。 人間関係やチームの在り方をデザインすることで、対話や関係を円滑にし、目的の達成や課題の解決をサポートします。

コミュニケーションデザイン×大人コミュ力

ごきげんなコミュニケーション

コミュニケーションは、日本語に直訳すると「伝達」。「話す・聞く」が基本ですが、「見る・感じる・考える」も使ってやりとりをしています。ごきげんなコミュニケーションとは、お互いが心地よく目的に応じたやりとりができることです。

どんな人が、どんな場面で、どんな関係の人と、何を伝達したいのか。それによって、最良の解決策は変わります。

ごきげんなコミュニケーションをつくるコツは、とてもたくさんあります。やり取りの手段、話す力・聞く力、使う言葉、相手との関係性、伝える姿勢やタイミング、目的や条件、知識や経験の量、自分の機嫌・価値観など、挙げるときりがありません。

やり方やマナーを学んでも、実践のコミュニケーションが難しいと感じるのは、自分自身の性格や価値観からくる「土台力」が大きく影響しているからです。自分のことをよく知り「自分の個性と目的に合った、関わり方の作法」を見つけるのが、半径3mにごきげんなコミュニケーションをつくる近道です。

理想のコミュニケーションは作れます

レイディアントでは、3つの視点で、理想のコミュニケーションをデザインしていきます。

①自分とやりとりする「セルフコミュニケーション」
②相手とやりとりする「ペアコミュニケーション」
③みんなとやりとりする「チームコミュニケーション」

コミュニケーションについての知識やノウハウを学んでも、実際にやってみるとうまくいかないってことはありませんか?

それは、感情や価値観に関する対応が不足しているからかもしれません。

いいコミュニケーションには、スキルだけでなく、土台となる「コミュニケーションマインド」もとても大切です。

コミュニケーションスキルは、簡単に身に付くものではないですが、適切な練習によって着実にステップアップできます。また、対人関係のストレスを軽くすることにもつながります。

・不満や愚痴より、楽しく前向きな会話
・だらだらした会議より、もっと活発に意見交換
・協力しあえるパートナーシップや信頼関係

これらを実現する方法がコミュニケーションデザインです。コミュニケーションの悩みは解決できます。

あなたがごきげんだと、周りも豊かになる

大人コミュ力は、誰にも奪われることがなく、仕事でも家庭でも一生役に立つ必須スキルです。

コミュニケーション上手さんがいると、場の流れや雰囲気は大きく変わります。

あなたがごきげんにしていると、こうやればいいのかぁと周りの人にもごきげんさんの輪が広がっていきます。

「ごきげんなコミュニケーション」を自分の周りにつくれる人が増えたら、社会はもっと豊かになりますね。

悩みの本質を見つけて、必要なスキルを身につけることで、こんな風に早く確実に解決できます。

一人で考えるよりも、コミュニケーションデザイナーと二人三脚で、ごきげんな日々を手に入れませんか?