ようこそ、かかりつけ相談室レイディアントへ♪

はじめまして、レイディアント代表の部谷まどかです。

かかりつけ相談室レイディアントは、対話を通じてあなたの思考やプロセスを具現化して整理し、「叶えたい夢」や「目指す未来」を確実に実現するためのサポートを行う、日本一敷居の低い「ひととまちを元気にするためのコンサルティングサロン」です。

「レイディアント:radiant」は、光を放つ、輝く、晴れやかな、うれしそうな、にこやかな、という意味の英語です。そんなレイディアントな状態の人を、一人でも多く増やすことが私の使命です。些細なことでも気軽に相談でき、使い捨てではなく人生に寄り添った関係を築きたいという想いから【かかりつけ相談室】としました。

当サロンでは、以下の4つのステップをベースに、「誰に聞いたらいいんだろう」という日々の困りごと~個人事業やプロジェクトの企画立案の相談まで、ご自身の想いの中から「次の一歩」を一緒に探すためのパートナーとして幅広く対応させていただいています。

<夢の実現への4つのステップ>

4STEP

夢の実現には、努力やチャンス以上に大事なものがあります。それは心と体の両方が健康であることです。

現代社会は、真面目な頑張りやさんほどココロの不調を抱えやすいように感じます。病名の有無にかぎらず、ちょっとしたきっかけから自分に自信がもてなくなったり、マイナスな思考の渦が止まらないことは、誰にでも起こり得ることです。そんな時、安心して話せる人や場所に出逢えたならば、必ず自分自身の決断で、次の一歩に踏み出せると私は信じています。

私自身、20代半ばの頃に、仕事やプライベートで悩み、周りの人も巻き込んで、気持ちの整理がつかずにストレスを抱えてもがいていた過去があります。特別なきっかけがあったわけではなく、毎日のちょっとしたもやもやが晴れずに蓄積していって、気づいた時には毎日涙が溢れて…という感じ。病院では「過度なストレス」と診断され、病気ではないためお薬は処方されず、カウンセリングは予約が1週間先しかとれずと、一番苦しかった時に納得できるサポートには出会えませんでした。

そんな時期を乗り越え、今は楽しくワクワクした気持ちで自分のペースで日々を過ごせています。それは、大きな愛で私を信じ見守ってくれた人たちとコーチングに出会えたおかげです。

その後、本当に世の中で必要とされるサポートを模索しつづけ、辿り着いたのがこの「かかりつけ相談室」です。そしてできたのが、スタートラインに立つ前の準備から夢のゴールテープをきるその日まで、全行程で寄り添ってサポートできる、レイディアントオリジナルの4ステップです。

私は、どんな人にも可能性の芽があり、いつの日か花開くことを信じています。前に進もうとしているあなたの背中をそっと押すことができるなら、こんなに嬉しいことはありません。

今日もみなさんにハッピーが溢れますように・・・

 

かかりつけ相談室 レイディアント  代表 部谷まどか

heyamadoka1

好きなこと:華道
憧れの人 :EXILE HIROさん(信念と行動力)、かぐや姫「めのわらわ」(癒し系で身近で頼りになる)
モットー :楽しい大人、もったいない、愛と感謝
得意なこと:親しみやすさ、人見知りしないこと、難しいことを簡単な言葉で説明すること

<プロフィール>
1987年生まれ、石川県小松市出身白山市在住。福井大学工学部建築建設工学科卒業。
地元石川に戻り、建設コンサルタント会社に就職。金沢まちづくり市民研究機構にて川上光彦先生(金沢大学名誉教授)のグループにて「地域コミュニティ」をテーマに施策提言の取りまとめ方について学ぶ。「コミュニティカフェあひるの子」の運営サポーターとして携わるなかで、市民の想いと行政をつなぐコンサルタントの必要性を感じ、新たなナリワイとすることを決意。以降、コーチングを学び、商工会の事業支援を経て、2015年2月に独立。コーチングとコンサルティングの手法を用いて、課題解決のパートナーとして活動している。(2016.4月現在)

<職歴・活動歴>
2009年~2013年 建設コンサルタント会社にて行政とのまちづくり支援に従事
2009年~2011年 金沢まちづくり市民研究機構に所属(7期・8期・9期)
2013年10月     銀座コーチングスクール認定コーチ取得
2013年~2014年 事業支援コンサルタント会社にて商工会の観光事業支援に従事
2015年2月~    個人事業として「レイディアント」を開業
2015年6月~    国立大学にて産学官連携業務に従事
2016年1月~    小原流いけばな 米田社中笠間教室 を開講